「野菜パン ド・ドウ」 です。山梨県内の作物を中心に使った、健康で安心な野菜パンをどうぞ!

野菜パンの店 石窯パン ド・ドウお取り置き、全国発送を承ります!

お問合わせはこちら

0551-23-2743

info@dodou-pan.com

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

石窯パン ド・ドウ 公式ブログ

野菜パン ド・ドウ Home > 野菜パン ド・ドウ 公式ブログ >農家さんのこと>野菜の加工品

石窯焼きぶどう@2018。START!!

2018年 08月 28日

こんにちは。
野菜パン ド・ドウのひろみです。

ツクツクボウシから、コオロギの声に変わりゆくこの季節。

この時期だけしか焼くことができない品。

 

「石窯焼きぶどう」が始まりました!

使用しているぶどうはもちろん、
地元韮崎のセンパイ(別称:ぶどうの妖精)の逸品。
今年もハッピーオーラ全開でいらっしゃいます。
↓↓

<フォレストサイド横森ぶどう園HP>
http://forest-side.net/

 

ぶどうの房をまるごと、
石窯の遠赤外線効果を利用して
じっくり焼き上げる「石窯焼きぶどう」。

オイルや砂糖は一切使わず、
石窯だけでじっくり3~4日かけて焼きました。

 

セミドライの仕上がりで旨味は凝縮。
さらに、石窯ならではの香ばしさもお楽しみのひとつです。

 

人生で、酸いも甘いも味わってきた人ほど
深く味わえるひと房かも…(笑)

 

BTW.
「石窯焼きぶどう」は、
そのままで食べるのはもちろんですが、
クリームチーズと合わせたり、
トースト&バターの上に乗せたり…等、
様々な方法でどうぞ。

 

1房800円(税込)。
おみやげにもぜひ。

千葉県産 枝豆のあんぱん

2017年 10月 20日

機械メンテナンスが終わりました。
お騒がせ&ご迷惑をおかけしました。

ここ数日、
店の中がそわそわしている時に、

千葉県の「在来ファーム」さんから、
おいしい枝豆がとどきました!

彼らは、元気に野菜の生産に取り組んでいる
チームです。都内に、この野菜が食べられる
飲食店も展開しています。
 ↓↓
Facebookはこちら
https://www.facebook.com/zairaifarm
https://www.facebook.com/wearethefarm

枝豆は、
“水が入った鍋に火にかけてから摘みにいけ”と
いわれるくらい、新鮮さが勝負だそうです。

ド・ドウに届いた枝豆は、もちろん、
すぐに茹でました。

そのままつまみ食い……もしたけれど(汗)。

枝豆の餡(あん)にもしました。

枝豆って、ぷくぷくっと、
かわいい形をしていますよね。

だから、枝豆あんパンは、
この形を生かしています。

店主、自画自賛です(苦笑)

しっかりとしたお野菜たちが届きました!

2017年 05月 26日

こんにちは!
野菜パン ド・ドウのひろみです。

 

雨をたっぷり吸った野菜達が、
むくむくと大きくなって

農家さんから届きました!

 

イキイキとした
色の濃い、大きな
ほうれん草&こまつ菜!
  ↓

 

ほうれん草は今日、
 カレーパンにたっぷり
使わせていただいています。

 

そして、ぷりっぷりのそら豆に
シャッキリとしたカブ。

 

★お野菜はすべて、当店の販売コーナーにて
お買い求めいただけます(^-^)

この近辺では今、太陽と地球、天候のバランスの結果として
どの畑でも緑の濃い葉の野菜が採れている様子です。

こんな時は、住んでいる地域で、わんさか採れている野菜を食る。
自然の流れにのってしまう方が、地球の一部の人間にとっても良い気がします。

 

ド・ドウにも
イキイキとした人が
今日も野菜パンづくりに励んでいます!?


店主の歳は言いませんが、
昨夜は、友人と、
駅までダッシュで走ることができたそうです。
(友人に腕を引っ張られて走った…とも言っていた気がします)

めでたしめでたし。

シーズン最後の濃厚ブロッコリー

2017年 01月 08日

こんにちは。
ド・ドウのひろみです。

昨日、

韮崎の農家さん「Farm蒔」の
ゆきちゃんが、
冬の濃厚ブロッコリーを
届けてくれました。

寒い寒い風の中、
ブロッコリーの外側を摘んで、
元気な部分だけを
持ってきてくれたそうです。


※作業中のゆきちゃん(写真はブロッコリーではありません)

もう、韮崎も真冬です。
だから「野菜ももう、今日が最後のお届けです」って。。。

農家さん達にいよいよ、
「今シーズンはもうおしまい」って、
宣告される季節がやってきてしまいました。

なんともいえず淋しさにかられる
ド・ドウの私たちです。

これから3ヶ月の間、
野菜農家さんはオフシーズンです。
知り合いの農家さん達は、
土づくり等の細かな作業をしつつも、

海外旅行に行ったり、
アルバイトをしたり、
ゆっくり過ごしたり、
温泉に行ったり、
資格をとったりと、
色々な過ごし方をしているそうです。

ゆきちゃんにも聞きました。
「冬の間はどうするの?」と。

「畑には行きますよー。土とか色々あるし…。
あー、でもなんか、
畑が忙しくないとつまんないっすネ。」

わかるなぁ~。
しみじみと、そんな会話をしました。

パン屋も、しばらく休んだりして
お客さんとお話しない日が続くと
頭にポカリと穴が空いたようになるものですから。

ゆきちゃんと私は2人で、
実の詰まったブロッコリーを眺めながら
神妙な空気に包まれました。

そうして、
なぜか、
どうしてか…!

その後、ジェームズボンドの話に切り替わり、

「筋肉リュウリュウっていいよね~」
「ムキムキってやつ?ギャー」と
目をキラキラ(ギラギラ?)させて、
寒さも吹き飛ぶ高笑い。

ニヤケた顔のゆがみが消えないまま、
ゆきちゃんとさよならしました(笑)

そして店主ケイチは、
そんな私たちの会話をよそに
もくもくとパンを焼き続けるのでした。。。

新作:ゆきちゃんの 絶品!とろとろ長ネギのパンとは!?

2014年 12月 20日

こんにちは。
野菜パンの店  石窯パンド・ドウのひろみです。

韮崎で1人の女子が、
大変美味しい野菜を
栽培しています。

その名もFarm 蒔(ファームまき)。

オーナーのゆきちゃんは、
ダウンジャケットのように温かい女性です。


※この写真は、春に撮影したものです。

ド・ドウの野菜ソムリエ(店主)が惚れこんだのは、
この手。

素手で土の感触を探ります。

几帳面でまじめなゆきちゃん。
そして、いつも穏やかに自然と向き合っているように見えるのは、愛される人の徳とも言えるでしょう。

そんな、ゆきちゃんが栽培した今年のネギは格別でした。
寒くなってきたこともあって、ネギの中がとろとろです。

このとろとろ感は、パンになっても残しておきたいよねぇ…という、店主ケイイチの強い希望により、ごま油とベーコン、ねぎは長いままで、、、

パン生地にパタンとはさんでくるくる巻いてみたわけです。


すると・・・・

うまい。うまいよ、これは!

私はいつも味見係の幸せ人で恐縮ですが、
香りのしっかりとしたネギとごま油
合わない理由はありません。

パン生地は、石窯焼きでカリッと硬めに焼き上げます。

このパンは名付けて、

とろとろ長ネギとベーコンの
ガリバリ棒~ごま油風味~

え?
見たまんまのネーミングじゃないのよ…(- -;)って?

いいのよ!

そのまま。
素のまま。

これがベスト♪

ちなみに、長ネギは新聞紙にくるんで保管すると良いですよ(^-^)